« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

四街道蕎麦の会

Dscn1694


連絡事項


本日、「四街道をきれいにする会の世話人」のUさんから蕎麦作りするなら畑を貸しても良いと云う地主さんが居るとの情報を戴きました。

畑の面積 2反5畝
地主さん 中台 Sさん
畑は   51号線近く

現況は放置畑で現在は草刈りした状態。
まだ耕耘機をかけてはありません。
雑草の処理が大変なので有効活用してくれれば蕎麦作りは歓迎だそうです。
手伝っていただけそうです。
最初は草取りが大変だと思われます。
春そばを1反作り、秋に1反作れば良いかなと思います。
かなり広いので作業は大変ですが如何しましょう。

蕎麦の実の磨き作業を手分けして行います。
ご協力をお願いします。

畑の現況

蕎麦の残滓の中からネズミの巣を発見。

Phot_by_honjoPhoto by Masaru Honjo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風選

収穫した蕎麦はゴミや虫が混入しているので、風の力を利用して綺麗にしようと試みた。
予報では北風が強いとの事だったが、風は断続的で能率は悪かった。
約10kgを綺麗にした。
テントウムシ、カメムシ、蜘蛛、豆毒蛾の幼虫、他3種類くらいの幼虫が混入していた。
虫にかじられた実も多数ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磨き実験1

Dscn1852収穫したばかりの蕎麦の実は顎や軸、土、雨に含まれた空気中の埃等で汚れている。皮剥きの前に磨きと云われる作業がある。機械や道具、技術を持たない素人集団である。如何に蕎麦の実を綺麗にするかの実験をした。
500mlのPETボトルに半量の玄蕎麦を入れ、ガシャガシャと揺すってみた。

Dscn1853白い紙の上に取り出す。
蕎麦の実に艶が出て綺麗になったようだ。

Dscn1855蕎麦についていたゴミ。
収穫後、簡単にゴミを除いたのでかなり汚い。
揺する事により蕎麦の実同士が衝突し、磨ける。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

玄蕎麦磨きの方法アイデア募集

会員の皆様
収穫したばかりの玄蕎麦には、顎や軸、土、雨に混じった空中の埃等が付いています。
粉にする前にこれらの汚れを取る必要があります。
玄蕎麦磨きの方法アイデアを募集します。
現在考え中の物は

麻袋等の丈夫な袋へ入れもむ。粒と粒をこすり合わせ磨く。

一升瓶等に入れ棒で突く。

箱に入れ回転させて磨く(遠心バレルと云う研磨剤と一緒に機械部品を磨く技術があります。)。

等です。
PETボトルに入れ揺すってみました。
少し綺麗になります。

この記事のタイトルをクリックするとコメント記入フォーム付きの画面に切り替わります。コメントお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四街道蕎麦の会のブログ開設

本日、四街道蕎麦の会のブログ開設しました。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦の脱穀

Dscn1848待ちに待った蕎麦の脱穀の日が来た。乾燥追熟の蕎麦の塊にキジバトが来るようになった。前回は雨で流れて、会長のムーさんは多忙の人なので日程がまま成らなかった。参加者は5名。棒で叩き実を落とし、箕で埃を払う原始的な方法。大勢で談笑しながらの作業。
Dscn1851収穫した玄蕎麦は凡そ31㎏。10a当り90㎏(2俵、1俵は45㎏*)が標準のようだからまあまあの収穫。今回の作付け面積は3a弱。始めてにしては上出来。
今後は食べる算段をしなければならない。
まずは蕎麦を磨く事、皮剥き。
*古川 修 著:「蕎麦屋酒」より

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »