« 蕎麦の開花宣言 | トップページ | 台風9号一過 »

種蒔き後30日の蕎麦

Dscn1665手前は枯れ草等を伏せていた土に蒔いた蕎麦。中はトウモロコシを作り土の肥料を抜いた畝の蕎麦。奥は耕起、施肥区の蕎麦。

Dscn1666花の付き具合。

|

« 蕎麦の開花宣言 | トップページ | 台風9号一過 »

2007年栽培記録」カテゴリの記事

コメント

花はチラホラと言う感じですね。
上から見て畝間が見えないくらいに成長したという感じです。
台風が来た場合はどうしましょう。
倒伏対策にヒモでも縦横に張りましょうか?
明日午後荷でも見に行きます。

投稿: ムー | 2007年9月 3日 (月) 21時47分

紐を張り巡らすのはたいへん重労働と思います。
蕎麦は、お互いに助け合いがんばるのではないでしょうか。
風対策に一番効果があるのは、周囲を防風網で囲う事です。
しかし高価です。

実が付いてからの雀の害が心配です。
捕らぬ狸の皮算用ですが。
対策グッズを買わなければと思ってます。
この辺の雀は蕎麦を知らないかも知れませんが。

投稿: ancient | 2007年9月 4日 (火) 07時30分

「この蕎麦の種は大きく硬い角張った殻が有るのでのどに引っかかるから食べるのは止めておきなさい。」とスズメに早めに教えて置いてください。

投稿: ムー | 2007年9月 5日 (水) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦の開花宣言 | トップページ | 台風9号一過 »