« 蕎麦造りで | トップページ | 続々 蕎麦作りで »

続 蕎麦作りで

前の記事の2つの区域の蕎麦の発育状態を写真に撮った。
被写体とレンズの距離はだいたい同じ。凄い違いがある。
Dscn1634無肥料、不耕起で蒔いた区域の蕎麦

Dscn1635環境の良い区域(耕耘、施肥した区域)の蕎麦

|

« 蕎麦造りで | トップページ | 続々 蕎麦作りで »

2007年栽培記録」カテゴリの記事

コメント

今のところは、圧倒的な差ですね。
これがゴールでどのように成っているか楽しみです。
勿論第一ゴールは収穫時でしょうが、本当のゴールは食べた時でしょう。

投稿: ムー | 2007年8月20日 (月) 10時03分

茎の弾力性は無肥料区が勝ります。
圧倒的に違います。
ゴールが待ち遠しいです。
無肥料区の蕎麦を応援しています。

投稿: ancient | 2007年8月20日 (月) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦造りで | トップページ | 続々 蕎麦作りで »